MAILmailto:web@tonozuka.net?subject=mailto:web@tonozuka.net?subject=%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BB%B6%E5%90%8Dshapeimage_1_link_0

© 2006 KingStone MUSIC, All Right Reserved.

Ryuichiro TONOZUKA Official Website

土濃塚隆一郎(Ryuichiro TONOZUKA)







3歳からピアノを習い始める。

中学在学中にブラスバンド部でトランペットを始め、高等学校時代にジャズを聴き始める。

大学在学中にジャズに開眼、大学在学中よりプロトランペッターとして演奏活動を始める。

1997年に、トランペットからフリューゲルホルンに転向する。丸く温かい音色とパワフルなサウンドを持ち味とし、現在都内を中心に演奏活動中。またTVやラジオのゲストとしても多数出演。各種イベントにも出演。 また新聞、専門誌にも取り上げられる。2001年5月にスカイパーフェクトTVで本人のドキュメンタリー番組を放送。

2001年8月、待望の1stアルバム 「SWEET HOME」 をリリース。

インターネット販売でジャズコーナーで発売当初より堂々ランキング 1位を獲得。2001年インターネットJAZZ投票においてトランペット部門で2位、作編曲部門で 1位、アルバム部門で 2位を獲得する。

2003年5月、2ndアルバム 「RUSH TONE」 をリリース。2003年、Swing Journal誌「第53回日本ジャズメン読者人気投票」において、トランペット部門11位を獲得。2003年10月より 東京FM(ミュージックバード)にて自己のラジオ番組のパーソナリティーを務める。

2004年、Swing Journal誌「第54回日本ジャズメン読者人気投票」においてトランペット部門 7位、アルバム部門(Album of the year)11位、コンボ部門 16位、コンポーザーアレンジ部門 18位、総合部門(Jazzman of the year)16位を獲得。

2004年11月、3rdアルバム「FOR LOVERS」をリリース。

2005年、Swing Journal誌「第55回日本ジャズメン読者人気投票」において、トランペット部門 6位、アルバム部門(Album of the year)14位、コンボ部門 18位、コンポーザーアレンジ部門 20位、総合部門(Jazzman of the year)18位を獲得。

2005年5月、単身渡米。2006年9月、帰国。

2007年9月、秋田わか杉国体の開会式において秋田県代表として御前演奏(ソロ演奏)を務める。

2008年8月に4枚目となるニューアルバム『TOP GEAR』をリリース。


現在まで、テイラー(Taylar)、カンスタル(Kunstal)、ストンビ(Stomvi)等

の楽器開発に携わる。同様にマウスピースの開発にも多数携わる。

演奏活動以外にも楽器とマウスピースの研究にも力を注いできた経験を生かし

後継者の育成にも力を注いでいる。

(現在、東京都内、秋田、名古屋、仙台で音楽指導を開催)




2001年、音楽レーベル『KingStone RECORDS』

(キングストーンレコード)を設立。

2010年、KingStone Music School

(キングストーンミュージックスクール)を開設。

2011年、楽器店『KingStone Music Shop』

(キングストーンミュージックショップ)をOPEN。



土濃塚隆一郎:日本を代表する ジャズフリューゲルホルン(Flugelhorn)奏者

(使用楽器:インダービネン ウッド(inderbinen WOOD))

日本のフリューゲルホルン奏者の第一人者。

現在まで4枚のリーダーアルバムを発表。

毎年、Swing Journal誌「日本ジャズメン読者人気投票」で上位にランクインされる。

歌心ある丸く温かい音色とパワフルなサウンドを持ち味とし、都内を中心に演奏活動中。

現在まで、テイラー(Taylar)、カンスタル(Kunstal)、ストンビ(Stomvi)の楽器開発に携わる。

同様にマウスピースの開発にも多数携わる。

現在は、 インダービネン ウッド(inderbinen WOOD)を使用中。

演奏活動以外にも楽器とマウスピースの研究にも力を注いできた経験を生かし、後継者の育成にも力を注いでいる。(現在、東京都内、秋田、名古屋で指導を行なっている)


トランペットの吹き方、トランペットの練習、トランペットの音域、トランペットのマウスピース、

フリューゲルホルンの吹き方、フリューゲルホルンの練習、フリューゲルホルンの音域、フリューゲルホルンのマウスピース、

でお困りの方はぜひご連絡下さい。